むぎ焼酎壱岐 玄海酒造株式会社

焼酎はうまい、壱岐はうまい
玄海酒造トップ > 歴史

歴史

銘柄の由来

 壱岐で一番高い山は「岳の辻」といいます。その麓に弊社工場はあります。昔からその地を「タケズミ」と云いました。それは湧き水が出ていたからと云われています。そこで初代は「瀧泉」と命名しました。昭和29年島外出荷を志し「玄海」としましたが、昭和50年「むぎ焼酎発祥の地壱岐」を強調すると共に郷土の発展を願い、むぎ焼酎「壱岐」といたしております。

沿革

明治33年 創立(免許取得) 銘柄「瀧泉」 初代 山内為三郎
大正11年 二代 山内長三郎(家業継承)
昭和12年 新工場建設(製米・製麦設備併用)
26年 山内長三郎 壱岐酒造協同組合理事長就任
28年 三代 山内清和(家業継承)
29年 銘柄「瀧泉」を「玄海」に変更
醸造名を瀧泉酒造より玄海酒造場に変更
38年 「ゴールド玄海」発売開始(樫樽貯蔵による新しいタイプの焼酎を新発売)
46年 壱岐の焼酎「米麦焼酎」を「麦焼酎玄海」に改め発売開始(原料の麦が2/3のため「麦焼酎」と改めました)
50年 「オールド玄海」発売開始
51年 銘柄「玄海」を「壱岐」に変更(銘柄は「瀧泉」→「玄海」→「壱岐」と3度変った)
57年 4月2日にNHKより全国に放映されました焼酎特集では「むぎ焼酎が出来るまで」を玄海酒造場で撮影し「壱岐の麦焼酎」が全国に紹介されました。
58年 四代 山内忠子(家業継承)
59年 「むぎ焼酎発祥の地」をラベルに表示することを日本酒造組合中央会から承認を受けた。
壱岐税務署・壱岐酒造協同組合に報告し、承諾を得た。
60年 5月1日玄海酒造株式会社へ改組
五代 山内賢明(代表取締役社長就任)
平成 9年 「松永安左エ門翁」43度 発表
12月17日 東京ホテルオークラにて、松永安左エ門翁の提案、東京湾アクアライン(横断道路)開通式に合わせ発表
12年 山内賢明 壱岐酒造協同組合理事長就任
創業100周年記念事業として壱岐市内小学校21校にロボット「アイボ」寄贈
15年 山内賢明 九州本格焼酎協議会理事就任
17年 壱岐焼酎飼料協同組合設立 山内賢明理事長就任(壱岐焼酎メーカー7社にて)
18年 代表取締役専務 山内昭人 就任
20年 山内賢明 長崎県酒造組合会長 就任
 〃   長崎県酒造協同組合理事長 就任
 〃   日本酒造組合中央会焼酎事業委員 就任
 〃   日本酒造組合中央会本格焼酎需要開発部会長 就任
22年 代表取締役会長 山内賢明 就任
代表取締役社長 山内昭人 就任

商品のあゆみ

昭和51年 「壱岐ロイヤル」40%の発売開始
59年 「壱岐オリジナル」の新発売
平成2年 「壱岐スーパーゴールド・33」「壱岐スーパーゴールド・22」を新発売
7年 「火の酒」25度 一斗かめの発売
9年 「一支国いき」27度 かめ貯蔵酒を新発売
「栄慶」(さかえるよろこび)25度 益々繁盛(二升五合)発売
10年 「松永安左エ門翁」43度 電力の鬼と云われた日本の偉人松永翁は壱岐の出身、松永翁の遺族の了解を得て焼酎を新発売
「大謹醸」25度 壱岐の合鴨農法米の麹を使用した焼酎を新発売
11年 「大魔神」25度 発売
12年 「一支国」25度 合鴨農法米の麹とオーガニックの認定を受けた大麦を使用した焼酎を新発売(PB)
「海賊王」23度・「美鏡」26度・「登神」43度を新発売
16年 創業百周年を記念し、創業時の銘柄「瀧泉」を復刻し発売
16年 リキュール「和三盆糖の梅酒」15度を新発売
17年 壱岐市誕生1周年を記念し、壱岐産麦使用「海の王都」を新発売
東西地酒グループのPB商品「35%むぎの精」を新発売
18年 壱岐酒類販売協同組合のPB商品「壱岐の守」を新発売
(株)長崎県酒類販売のPB商品「壱岐酔酔」を新発売
19年 (株)升喜のPB商品「壱岐スペシャル」を新発売
22年 一支国博物館オープンを記念し、島内限定「鶴亀触鯛」を新発売
商品一覧
醸造元
玄海酒造株式会社 長崎県壱岐市郷ノ浦町志原西触550-1 TEL 0920-47-0160 FAX 0920-47-0211

飲酒運転は絶対にやめましょう。お酒は20歳になってから。
お酒は適量を。妊娠中や授乳期の飲酒には気をつけましょう。