むぎ焼酎壱岐 玄海酒造株式会社

焼酎はうまい、壱岐はうまい
玄海酒造トップ > むぎ焼酎壱岐について

むぎ焼酎壱岐について

その他

麦焼酎発祥の地 写真

 壱岐は弥生時代に中国の史書「魏志倭人伝」に一支国として紹介され、古代から日本とアジア大陸を結ぶ文化交流の要衝の地にありました。
 壱岐市は福岡県・佐賀県と隣接していながら長崎県に属しています。
 玄界灘のロマンの島壱岐は海の幸と併せ、長崎県で二番目に大きい穀倉地があり米も麦も多く取れます。島の人達は、麦を原料に中国から伝わった製法を活かし、壱岐独特の焼酎を生み出しました。それは16世紀頃からで壱岐が「麦焼酎発祥の地」と云われております。

地理的表示の産地指定・・・世界が認めた壱岐焼酎

 WTO(世界貿易機関)は平成7年7月1日付で地理的表示を制定し全国で3地域を指定、壱岐焼酎がその1つに選ばれました。地理的表示とは酒類の確立した製法や品質、社会的評価を勘案し、原産地を特定して、世界的に保護しようとする制度です。
 世界にはウイスキーはスコッチ、バーボン、ブランデーはコニャック、アルマニャック、ワインはボルドー、シャブリ、シャンパーニュ、焼酎は長崎県の壱岐焼酎、熊本県人吉地方の球磨焼酎、沖縄県の琉球泡盛が指定されました。
 平成17年12月には、薩摩焼酎の産地である「薩摩」、白山菊酒(清酒)の産地である「白山」の2ヶ所追加されました。

タル倉庫 写真

麦焼酎発祥の地 写真

 むぎ焼酎壱岐は、原料を米麹1/3に対して大麦2/3を使用した壱岐独特の製法で、麦の香りと米麹を使用することによる天然の甘味が特長の本格焼酎です。
 また、むぎ焼酎壱岐のもうひとつの特長として貯蔵熟成酒が多いことがあげられます。伝統的なかめ貯蔵をはじめ樫樽やタンクで熟成された焼酎は、まろやかな味わいを醸し出してくれます。

むぎ焼酎「壱岐」が出来るまで

一次用原料米

→

自動製麹機 1日目
米を洗い蒸して種麹を入れます。

→

自動三角むろ 2日目
自動製麹機から麹を移し米麹を完成させます。

↓

一次仕込み 3日目(7日間)
米に麹と酒母を加え、一次もろみを造ります。
二次用原料大麦

→

自動蒸し器
麦を洗い蒸します。

→↓

二次仕込み
一次仕込みで造ったもろみに、水と大麦を加えアルコール発酵させ、もろみを造ります。

←

蒸留機 23日間
もろみを入れ蒸気を送り焼酎を造ります。

←

貯蔵
カメや樫樽・タンク等に入れて熟成させます。

↓

瓶詰
原酒を度数に合わせて調整します。

→

出荷
全国へ!海外へ!
商品一覧
醸造元
玄海酒造株式会社 長崎県壱岐市郷ノ浦町志原西触550-1 TEL 0920-47-0160 FAX 0920-47-0211

飲酒運転は絶対にやめましょう。お酒は20歳になってから。
お酒は適量を。妊娠中や授乳期の飲酒には気をつけましょう。